3秒で読める子供を東大に入れたい親の心がけ

東大?ハーバード?弁護士?医者?ベンチャー起業!?こどもの未来のためにこれだけは心がけましょう。子供の健やかな成長を願う。親なら当然。でも、願うだけではだめ。どんなに忙しくてもこどもにしてあげるべき、最低限のことはこれ。

東大

東大なんてどうでもいい。子供のために親がすべき第二の心がけ。

1日1度くらいは、こどもの顔を黙ってじっと見つめる。 できれば、少し微笑んで。 できれば、少し長く。 できれば、気づかれないように。

東大なんてどうでもいい。子供のために親がすべき第一の心がけ。

子供に呼ばれたら、どんなに忙しくても、ハッキリと返事をする。返事はなんでいい。明るく元気に大きな声で。肝心なのは「どんなときも」。相手をしてあげられないときも、返事だけは明るく元気にハッキリと。まずは返事をしてから「後でね」を伝えましょう…